Skip links

応募作品13

きっとそれだけ<短編部門>

ペンネーム:さとう学

夢もない。希望もない。お金もなければ彼女もいない。僕は無職ひきこもり。人生の終わり。それが社会の理(ことわり)。そんな常識、お断り。普通になりたい。普通になれない。家は見えない監獄、外は地獄。僕はひき




Ready forへ参加

応募作品の続きを閲覧ご希望の方は“Ready for”で『リターン』をご購入ください!

ログインして続きを読む!

既に閲覧の権利をお持ちの方は以下からID、パスワードでログインの上、御覧ください。




Opinions

  1. Post comment

    引きこもりラップ的作品。

    リズム感良く、ユーモラスに韻が踏まれていて読んでいてとても心地良い。
    無駄がなく、研ぎ澄まされた詩だと思いました。ダイレクトに心に響きました。

    でも、ラストがバッドエンドな感じです。しかし、もし、自分の自死という決断が世界にとって「一日経てばみんな忘れる、きっとそれだけ。」のものでしかないのならば、生きてみるという決断をする事もそんなに重く難しい事ではないのではないか?自意識を軽くすることで生きやすくなるのでは?

    という問いがこの詩から出されているように私には感じました。

    Permalink

Join the Discussion

Return to top of page