Skip links

応募作品15

Not But

ペンネーム:シナト

もしも叶うならば どんな暗闇の中でも
しゃんと立てるような人になりたい

果てしない道 続くと思っていた
目の前から消えてく 可能性に手を振ろう
懐かしい向かい風に涙ぐむ時もあるけど負けないでいて
新しい季節はまぶしい




Ready forへ参加

応募作品の続きを閲覧ご希望の方は“Ready for”で『リターン』をご購入ください!

ログインして続きを読む!

既に閲覧の権利をお持ちの方は以下からID、パスワードでログインの上、御覧ください。




Opinions

  1. Post comment

    「懐かしい向かい風」という表現が新しいですね。勝手な解釈で恐縮ですが、その風は、あなたに愛を以て試練を与える何かだと思います。こみ上げてくる涙は、そのうちに喜びの涙になるでしょう。出会いと惜別が織り混ざった涙の味は、どんな味?ちなみに、「惜別」でググったら、太宰治が出てきたので読んでみようと思います。

    Permalink
  2. Post comment

    他の方も書かれていますが、歌詞のようでした。勝手にメロディが流れてきそうです。
    作品14の後に読んだので、途中に出てきた古本が、作品14の古本屋のような気になってしまいました。
    偶然でしょうが、古本、古本屋というのはいろいろとイメージの広がる言葉ですね。
    本編は全部日本語なので、タイトルも日本語でも良いのかもしれないと思いました。

    Permalink

Join the Discussion

Return to top of page